images (16)
1: 2017/07/20(木) 21:32:35.58 ID:pO9QNdYt0
公益財団法人日本生産性本部・余暇創研は7月20日、「レジャー白書2017」の概要に関する記者発表を、
都内千代田区の日本生産性本部・経営アカデミーで開いた。

2016年の余暇市場動向を調査した同白書。その結果によると、パチンコ参加人口は前年比130万人減の940万人、
市場規模は前年比1兆6,030億円減の21兆6,260億円で、参加人口、市場規模とも減少した。
参加人口は2013年以来、3年振りに1,000万人を下回り、過去20年の調査結果では最低参加人口を更新した。

パチンコへの参加率は9.3%で前年比1.3%の減少、年間平均活動回数は29.8回で前年比2.6回の減少、
年間平均費用は88,900円で前年比10,300円の減少となった。

前回の調査結果では、参加人口が減少した一方で、参加者1人当たりの年間活動回数や年間平均費用は増加し、
参加者のヘビーユーザー割合の高まりが指摘されていた。
しかし今回の調査結果では、特にそういった傾向も見られず、参加人口の減少に加えて、
参加者1人当たりの年間活動回数や年間平均費用も減少する結果となった。

記者発表会で桜美林大学ビジネスマネジメント学群の山口有次教授は「外食やカラオケはインバウンドの恩恵を
受けているが、今後、パチンコ等もインバウンドの恩恵の拡大が期待できる分野として、
その取り込みを検討する価値がある」と、既存ファン以外へのアプローチの必要性を述べた。

余暇市場全体の市場規模は70兆9,940億円で、前年比2.0%の減少。
娯楽部門では、パチンコが大きな落ち込みが続いたほか、テレビゲーム、宝くじ、カラオケボックスも市場規模を下げ
その一方で、条例の改正により青少年の立入可能時間が拡がったゲームセンターが復調したほか、
場外売場での売上を伸ばした公営ギャンブルや、外食、モバイルゲームが堅調な推移をみせた。

なお余暇市場全体の市場規模は、上記の通り減少したが、市場規模額が突出して多いパチンコを除くと、
前年比0.3%増となり、微増ではあるものの4年連続のプラス成長となる。

余暇参加人口の上位は、これまでと大きな変動はなく、トップは6年連続となる「国内観光旅行」で5,330万人。
以下、「外食」(4,090万人)、「ドライブ」(3,880万人)、「読書」(3,880万人)、「映画」(3,560万人)と続く。
2016年はリオ五輪があり、スポーツへの関心が高まったほか、住居周りでの手作業や日帰りで楽しめる身近なレジャーが順位を上げた。

日本の余暇の実態を分析する同白書。
調査は2017年1月に行われ、インターネットを通じて計3,328人(全国15歳~79歳男女)の有効回答を得た。
1977年の創刊以来、通算41号目となり、8月初旬に発刊予定。

2: 2017/07/20(木) 21:36:00.57 ID:UnSeSh2Vp
>>2 ならパチンコ業界完全崩壊

5: 2017/07/20(木) 22:00:18.53 ID:I/VoJ0NpK
もう続けている人間は頭がおかしいギャンブルだからなぁ
お前らは来年も再来年もやってるだろうな

6: 2017/07/20(木) 22:02:25.44 ID:mhwXUQ5j0
今後さらにつまんなくなるんだがw

7: 2017/07/20(木) 22:03:39.17 ID:Kn2+l8TSK
大丈夫
客単価を上げれば問題ない
例え甘でも500ハメれば8000発ゲット
例えライトミドルでも1000ハメれば16000発ゲット
例えミドルでも15000ハメれば(ry

9: 2017/07/20(木) 22:25:50.95 ID:pO9QNdYt0
レジャー白書
売上 貸玉料 (億円) /参加人口 (万人) /年間平均活動回数 (回/年)

平成07年 309.050 /2.900 /23.7
平成08年 300.700 /2.760 /22.5
平成09年 284.160 /2.310 /23.3
平成10年 280.470 /1.980 /25.5
平成11年 284.690 /1.860 /24.6
平成12年 288.680 /2.020 /23.9
平成13年 292.430 /1.930 /25.6
平成14年 304.420 /2.170 /25.5
平成15年 323.900 /1.740 /26.8
平成16年 339.120 /1.790 /27.5
平成17年 348.620 /1.710 /23.6
平成18年 336.420 /1.660 /28.1
平成19年 301.770 /1.450 /25.6
平成20年 288.190 /1.580 /29.6
平成21年 282.420 /1.720 /20.4
平成22年 259.830 /1.670 /19.9
平成23年 254.890 /1.260 /27.8
平成24年 256.720 /1.110 /27.4
平成25年 250.050 / 970 /27.5
平成26年 245.040 /1.150 /22.8 市場規模見直し
平成27年 232.290 /1.070 /32.4
平成28年 216,260/ 940 /29.8

10: 2017/07/20(木) 22:27:18.26 ID:SlJsppVt0
既に三年前に1000万人割れてずーーーっと右肩下がりだから
今700万人ぐらいだろ

11: 2017/07/20(木) 22:30:12.43 ID:pO9QNdYt0
これから
2017年でマックス撤去・スロ規制
2018年でパチンコ大幅規制・スロ6号機・禁煙化?

13: 2017/07/20(木) 22:51:31.12 ID:VLC4Ay2Cd
継続率低いから単発しょぼ出玉しょぼ連
そのくせ連続して嵌まるしただただ疲れる
そう考えただけで行く気失せる

15: 2017/07/20(木) 23:11:21.39 ID:PRPGtHCnd
実際客単価とかはデータ集積して解析すれば数値が出るんだろうけど参加人口ってどうやって集計してんだ?

16: 2017/07/20(木) 23:15:06.64 ID:YqamKSVZa
どうやって数えてるの?

17: 2017/07/21(金) 00:39:26.54 ID:rTH2J80p0
年々人減ってる実感が凄いから実際はもっと少ないんだろうな

18: 2017/07/21(金) 04:13:21.65 ID:7Lj+h45x0
キムチマン死亡ラッシュ継続率高いな!

19: 2017/07/21(金) 05:01:50.62 ID:s47KVe+c0
ついに、計算方法を変える時が来たのか…。

23: 2017/07/21(金) 11:52:34.06 ID:dEERc/ti0
スマホゲーは目に悪すぎて、おっさんやジジババには無理
なんだかんだ言って1パチが大衆娯楽の中ではナンバーワンじゃない?

24: 2017/07/21(金) 14:13:26.13 ID:cDNpK2610
遊戯人口ってほんとに900万人いるか怪しいんだが
盛に盛ってこの数字なんだろう
実際のところ600万人くらいだと思う

25: 2017/07/21(金) 15:09:26.31 ID:G2dCmvGS0
うへぇ~
去年のパチンコMAX機
スロット旧基準が結構残ってた状態で
940万人かよ
今年は700万人くらいか?
来年は規制もあるし500万人くらいになりそうだな

26: 2017/07/21(金) 16:35:31.44 ID:cDNpK2610
まあ仮にMAX機とか旧基準スロがいまのまま置けたとしても衰退することには変わりはなかったと思うよ
規則改正で衰退消滅の速度が少しばかり早まっただけ
ギャンブルとして衰退するか娯楽として衰退するかのどっちかだよパチンコは
復活は絶対ありえないと思う

27: 2017/07/21(金) 19:06:26.25 ID:dH/pQvPKd
平均費用ってのは負け額?それとも純粋にサンドに入れた金?
後者なら少なくね?貯玉や低貸しの影響か?

28: 2017/07/21(金) 19:52:05.30 ID:pbVj8rijp
斜陽なんてレベルじゃねえぞw

29: 2017/07/21(金) 20:20:00.99 ID:8J+vjXzm0
月に1~2回レベルが半分以上いるんじゃね?
で、アホ程通う奴(養分)が300万人程とか。

30: 2017/07/21(金) 22:47:38.01 ID:ud5uIAnQ0
毎回思うがこの数字が本当なら色々な数値がおかしな事になっちゃうんだよなw

32: 2017/07/21(金) 23:32:00.63 ID:UT38JlWea
実際、940万人もパチンコなんてやってるか?

今、打ってるのは依存性くらいだろ

引用元: http://medaka.2ch.net/test/read.cgi/pachik/1500553955/


      

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット